ブロードメディア・スタジオ株式会社配給作品

バルバラ セーヌの黒いバラ

バルバラ セーヌの黒いバラ

人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――。
セーヌの岸で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る!

STORY

「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていくのだった…。 バルバラとはいったい誰だったのか? 世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか? 『そして僕は恋をする』で共演したマチュー・アマルリックが監督・脚本・出演、そして元パートナーのジャンヌ・バリバールが、バルバラという時代を駆け抜けたひとりの女性に乗り移ったかのように熱演。実際のバルバラのステージ映像を交えながら、20世紀最高の歌姫バルバラの人生をたどる、熱情の愛のドラマがついに誕生!

11月16日(金)Bunkamuraル・シネマほか

原題
BARBARA
邦題
バルバラ セーヌの黒いバラ
STAFF
監督/脚本:マチュー・アマルリック
CAST
ジャンヌ・バリバール、マチュー・アマルリック、、オーロール・クレマン
公開
11月16日(金)Bunkamuraル・シネマほか
上映時間
98分
制作国
フランス